PCR検査を受けることになった。

【妊娠記録】

今回の妊娠は、生理予定日の高温期の時から異様に体温が高かった。

日によって37.5℃以上あった。

コロナウイルス対策で、私が勤めている会社も毎朝検温を義務化していて、37.5℃以上ある日は出勤禁止。

さらに、37.5℃が3日続いたら保健所に連絡するというルール。

そして、私は実際に37.5℃が3日続いてしまったから、保健所に電話しないといけなくなった。

 

 

電話に出た保健所の方に、体温が3日続いて37.5℃以上あること、風邪症状は全く無いこと、あと念のため妊娠4週目であることを伝えた。

 

正直なところ、妊婦が妊娠初期にウイルスに感染すると胎児の成長に影響が出るから、病人が集まる病院に行きたくなかった。

 

テレビのニュースで、熱が続いているのにPCR検査を断られて、仕事に行けない、適切な治療を受けることもできなくて困っている人が語っているのを見たことがあったし、

風邪症状は全くなかったから、「しばらく自宅で安静にして様子見て下さい」という返事だと嬉しいなと思ってた。

 

無症状だけど妊婦だからってことで、保健所の方が「中部病院の感染症の専門医に連絡してみます」と仰った。

その後、中部病院の先生からお電話が直接私にかかってきて、念のためPCR検査しましょうかと言われた。

その日のうちに病院へ。

 

病院で他の患者さんから風邪でも移されたら嫌だな…と思って心配だったけど、逆に、他の患者さんと接触しないように病院の建物の中ではなく、屋外での検査だった。

 

まあPCR検査を受けるってことはコロナウイルスに感染している可能性を疑われているってことだからね。

逆に良かった。

 

私は自分の車の運転席に座ったままで、先生は運転席側の窓の外から応対する形だった。

 

PCR検査はインフルエンザの検査と同じで、長い綿棒を鼻の奥まで突っ込んでグリグリするやつだった。痛かった笑

 

 

検査の翌々日、中部病院の先生から「検査の結果は陰性でした」と連絡がきた。良かった。

検査費用は無料だった。

検査結果を会社の上司に報告して、一通りの試練が終わった。

将来、子供がある程度大きくなったら、あなたがお腹の中に居たときこんなことがあったんだよと語りたいな。

タイトルとURLをコピーしました