Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【投資信託】「 大和-iFree 8資産バランス」について。

こんにちは。

株取り引き初心者アラサー女のともちゃんです。

タイトル通り、現在保有している投資信託について語りたいと思います。

私が現在持っている投資信託は2種類です。

そのうちの1つ「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」については、前回の日記でいろいろと語りました。

 副収入を得る為の研究を続けるブログ。
副収入を得る為の研究を続けるブログ。
https://tomochanblog.com/2018/07/06/post-66
会社のお給料以外にも収入源が欲しい&資産を増やしたいと思っている女が、お金のことについて語るブログです。

今回は、「 大和-iFree 8資産バランス」という銘柄のことについて語りたいと思います。

「 大和-iFree 8資産バランス」は、「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」に内容がよく似ていたので、ついでに一緒に積み立て投信しようと決めました。

目論見書を読んでみると、中身のページが可愛くてオシャレなデザインでひとめぼれしたってことも、購入に至った理由です。

①8種類の分散投資をしている。

「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」と同じく、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートの8つに分散投資している投信です。

投資先を1本に絞らず、8種類の分散投資をすることで、リスクを抑えながら運用してくれます。

この投信を買うと、少額で分散投資ができます。

そして、成長性がある海外の株式や国債に投資することができます。

個人で外国株を購入するとなると、覚えることがたくさんあるし、高めに手数料が取られてしまいます。

ですが、「 大和-iFree 8資産バランス」なら、個人投資家から預かった資金でプロが運用してくれるので、投資初心者にもオススメな商品です。

②純資産が右肩上がり。

投資信託の商品を選ぶ条件に、純資産が右肩上がりの投信を選ぶのは絶対条件です。

「純資産が右肩上がり=運用が上手」とい判断ができるからです。

逆に純資産が右肩下がりなのはオススメしません。

「運用が下手」「解約する人が多い」という背景があるってことが分かるからです。

そして、投資というものは、資金があればあるほど大きな利益を出すということに期待できます。

逆に資金が少ないと、大きな利益を出しづらくなります。

運用に回せる資産があればあるほど、優秀な投信なんです。

③ノーロード(購入手数料が0円!)

投資信託は、毎月同じ金額で購入して積み立てていくわけですが、購入するときに購入手数料がかかる投信もあったりします。

買うたび購入手数料がかかってしまうのは困っちゃいます。

ですが、「 大和-iFree 8資産バランス」は購入手数料が無料!!

個人投資家に優しい投信です。

④信託報酬が0.2376%

信託報酬は、個人投資家の代わりに、資金を運用して利益を出そうとして日々頑張っている、投資のプロ(ファウンドマネージャーに支払う運用管理費用です。

投信を保有している間、ずっと支払う手数料です。

もちろん個人投資家にとっては、信託報酬も安い方が助かります。

信託報酬の平均は年0.2~0.8%なので、とても安いと思います。

⑤信託財産留保額なし&解約手数料なし

いろいろ事情があって、積み上げてきた投資信託を解約&売却する人もいるでしょう。

解約時に発生する手数料もなんと無料!!

どこまでも、個人投資家に優しい、「 大和-iFree 8資産バランス」!!

他の投資信託は、信託財産留保額&解約手数料を高く設定し、できるだけ解約を防ぐ対策をしています。

信託財産留保額&解約手数料を無料にすると、躊躇なく解約する人が増えちゃうんじゃないかと、ちょっと心配になるところはあります。

しかし、手数料は安いし、純資産右肩上がりでいいことづくめの投信なので、ずっと何年も積み立て投信を続ける個人投資家が多いと思います!

⑥毎月分配型ではない。

毎月分配型の投信は、純資産の1部を削って個人投資家に分配金を配らないといけないのですが、その分運用に回すお金を削っているのと同じです。

運用に回す金額を大きければ大きいほど、大きな利益を出しやすくなるので、毎月運用資金を削って分配金を渡している投信だと、複利の効果が出づらいのです。

⑦償還日は無期限。

償還日は、その投資信託の商品が、資産運用を終了とする日です。

実際に償還日を迎えると、強制的に保有者に満額払い戻しになります。

複利の効果は、長期投資になればなるほど、返ってくる利益が大きくなります。

なのに、途中で強制的に解約となると、大きな利益を作れないまま払い戻しになってしまうということです。

「 大和-iFree 8資産バランス」は、償還日が無期限!

数十年積み立て投信をコツコツ続けて複利の効果を狙い、年金生活を始めることに換金したとき、大きな金額を受け取れることが期待できます。

投資信託は、投資の世界に慣れる為の第一歩。

毎月積み立て投信しながら、この2つの銘柄を見比べて行きたくなりました。

話がちょっと代わりますが、この2つの銘柄の積み立て投信を始めたころから、国内株式の取り引きに興味が出てきていました。

株主優待や、配当金生活に興味が出たからです。

だがしかし、同時進行で毎月地方銀行の積み立て貯金もしているし、急に現金が必要になった時のことも考えて普通口座にも毎月貯金しているし、おまけに低収入なともちゃんですから、毎月積み立て投信に振り分ける金額をどうして行こうかちょっと悩みした。

考えた末に、老後の備えを作るのもイイけど、今を楽しく生きるのも大切だと考えて、毎月の積み立て投信は2000円だけにすることにしました。

「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」の積み立て投信毎月1000円。
「大和-iFree 8資産バランス」も毎月1000円ずつ。

私も、株主優待を貰ってワクワクしたり、配当金を貰ってウキウキした~い!
日本株を買ったときの話は、次の日記で書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)336×280
レクタングル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)336×280