Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2年前に毎月分配型の投資信託を1000円分だけ買って放置した結果と、その評価損益。

こんばんわ。「副収入を得る為の研究を続けるブログ。」を書いている、ともちゃんです。

私はいつも、寝る前のリラックスタイムの時間にブログを書いて投稿するという生活をしています。

1日8時間・週休2日で仕事して、帰宅後は料理・洗濯・食器洗いといった家事をする必要があるので、ブログを書くことに集中できるのが寝る前の約1時間程度だけなんです…。

今回の記事では、2年前に毎月分配型の投資信託を1000円分だけ買って放置した結果と、その評価損益について書いていきます。

買ったのは、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)。

めちゃくちゃ久しぶりに岡三証券の管理画面にログインしました。

2年前(2016年6月)に、岡三証券で「ワールド・リート・オープン(毎月決算型)」を1000円分だけ買いました。積み立て設定は行ってません。

普段SBI証券をメインで使っているので、岡三証券の口座は基本的に放置しています。

放置しすぎて、岡三証券で投資信託を買ったことを忘れていました。

↑見方がよく分からないのですが、とりあえず現在の評価額は1,079円となっています。
買付金額が1,000円、現在の評価額が1,079円、単純に考えると+79です。

若干プラスになっているってことは、タコ足配当ばっかりではなく、ちゃんとした分配金の受け取りをしたこともあったのだろうな。

分配型の投資信託は、タコ足配当が多くて複利の効果が期待できないというイメージが強かったので、以外にも評価額がプラスになっていたことに少し感動しました。

「ワールド・リート・オープン(毎月決算型)」は、売却せずにこのまま経過観察します。

なんか面白いので、岡三証券の口座にある「ワールド・リート・オープン(毎月決算型)」は、このまま売却せずに経過を楽しむことにします。

買い増しもせずに、積み立てもせずに、このまま放置して持っておくと、どれだけプラスができるのか、またはどれだけマイナスになってしまうのか研究する為に取っておきたいと思います。

またいつか思い出したときに、「ワールド・リート・オープン(毎月決算型)」の評価損益をチェックしてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)336×280
レクタングル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)336×280