節約

【格安スマホ】NTTドコモから楽天モバイルに乗り換えてみた感想【メリット・デメリット】

楽天モバイル 乗り換え メリット

元々はNTTドコモユーザーだったのですが、楽天モバイルに乗り換えておよそ1年8ヵ月経過しました。

乗り換えた結果、毎月の携帯代が安くなったおかけで無駄な出費を抑えることができているので大満足です!

しかも月々の携帯料金の支払いで楽天ポイントもゲット出来て、一石二鳥です!

実際に楽天モバイルに乗り換えてみた感想と、メリット・デメリットについて書いていきます。


《楽天モバイル公式サイト》

楽天モバイル乗り換えたことで得られた5つのメリット!

メリット① 月々の携帯料金を抑えられる!

1番のメリットはやはり、月々の携帯料金が節約できること!

↓の画像は、NTTドコモを利用していたころの明細画面です。

毎月毎月、約1万円ぐらい払ってました。

 

NTTドコモ2016年2月利用分の内訳。

端末の分割払いも含まれた合計金額ではありますが、それにしても高いです。

基本料金2700円、パケット定額料金3,500円…。

 

↓そして、楽天モバイルに変更した後の携帯料金の明細画面!

↑月々の携帯料金を4000円以下に抑えることができています!

この月は通話をよく利用したので、支払い料金が3,771円になっていますが、通話をあまり使わなかった月は、3,600円以下に収まることが多いです!

NTTドコモを使っていたときに比べて、月々の携帯料金が6,000円ほど安くなりました!

年間にすると、単純計算で72,000円の節約効果を発揮しています!

メリット② 楽天ポイントが付く!

楽天モバイルを利用すると、月々の支払料金に応じて、楽天ポイントが貰えます!

今は格安スマホ&SIMフリーの会社がいっぱいありますが、月々の携帯料金の支払いで楽天ポイントが付くのは楽天モバイルだけ!

メリット③ 電話番号そのまま、楽天モバイルに乗り換えOK!

使い慣れた電話番号には愛着が湧いているし、覚えているからずっと使いたいもの!

楽天モバイルも、電話番号そのまま乗り換え(MNP)に対応しています。

※MNPを利用する場合、MNP予約番号を取得する必要があります。

私はドコモショップに寄って、「電話番号そのままで、楽天モバイルに乗り換えたいのですが、それにはMNP番号が必要なんです。」とストレートに伝えて、資料を発行してもらいました。

メリット④ 今使っているスマホをそのまま使える!

使い慣れたスマホをそのまま使えるもの大きなメリットです!

わざわざ新しいスマホを買う必要はなく、SIMを交換して、初期設定を済ませば利用開始できます!

私の端末はNTTドコモのスマホなので、SIMロック解除手続き無しで使えました!

⑤使わなかった分のパケット料金は翌月に繰り越しできる!

使わなかった分のパケット通信料は、翌月に繰り越しできます!

自宅でインターネットを契約していて、ルーターがある環境なら、3.1GBプランで十分です!

ちなみに私は実際に3.1GBプランを利用しているのですが、毎月通信料が余って、毎月繰り越しが発生しています。



《楽天モバイル公式サイト》

楽天モバイルの3つのデメリット

楽天モバイルに乗り換えたあとに感じたデメリットも書いていきます。

デメリット①:初期設定を自分でやらないといけない。

au・ドコモ・ソフトバンクの大手3社なら、ショップの店員さんが初期設定を行ってくれるので楽ちんです。

しかし、楽天モバイルに乗り換えて、利用を開始するには、説明書を見ながら自分で初期設定を行う必要があります。

私は機械をいろいろ触ることが好きなので、楽しく初期設定を完了させたんですが、機械が苦手な人からしたら面倒だと感じるだろうなと思いました。

デメリット②:ネットの通信速度が遅いときがある。

常にではないんですが、外出先で利用した際、時と場所によっては、ダウンロードしたときや、Webページの読み込みの際、やたら時間がかかるときがあるなと実感しています。

パケット使いすぎて速度制限がかかっているという訳ではないのにです。

なので、データー通信に時間がかかることに強いストレスを感じる方は気を付けた方がいいなと思いました。

私個人的な話になるんですけども、私の生活スタイルだと、外出先でWebページの閲覧やダウンロードをすることはほとんどなく、自宅で利用することが多いです。

そしてまた、自宅だったらインターネットとルーターがあるので、私自身は特にストレスを感じることなく使えてます。

デメリット③:代替機を貸してもらえない。

スマホ本体はそのままで、SIMを差し替えて利用している状態でスマホが壊れてしまった場合、スマホを修理に出すとしたら、スマホを買ったキャリアのショップ(私の場合はドコモ)に行って、修理の受付を行うことになります。

そして、au・ドコモ・ソフトバンクの大手3社を利用している場合、自分の端末を修理に出している間、基本的に代替機を貸してくれます。

しかし、SIMを差し替えて使っている人には代替機を貸してくれないみたいです。

さらに、修理料金は100%実費になるので、修理に出すより新しく買った方が安くなるケースもあるようです。

キャリアの恩恵が受けられないのは、ちょっとしたデメリットだと思います。

楽天モバイルの初期設定の手順

手順①楽天モバイル開通センターに電話する。

初期設定のセットが届いたら、まずは楽天モバイル開通センター:0800-805-1111(通話料無料)に電話します。

※この時点では、まだSIMカードの入れ替えはしません。

電話の相手は生きてる人間ではなく、自動音声ガイダンスが流れます。

なので24時間いつかけても大丈夫。

ちなみに私は深夜の時間帯に、楽天モバイル開通センターに電話しました。

楽天モバイル開通センターに電話して受付が終わったら、スマホの画面の上に常に表示されるアンテナのマークが禁止マークに変化して、しばらく通話が使えなくなります。

数時間後、禁止マークが取れてアンテナマークに変化したら、MNPの切り替えが終わったサインなので、次のステップに移ります。

手順②SIMを入れ替えて、APN設定をする。

スマホの電源を落として、中に入っているSIMを取り出して、楽天モバイルのSIMに入れ替えます。

楽天モバイルのSIMをスマホに入れたら、スマホの電源を入れて、説明書を見ながらインターネット(データー通信)の設定と、APN(アクセスポイント名)の設定を行います。

スマホのWi-Fiがオフの状態で、ネットが見れるようになったら初期設定は完了になります。

まとめ

多少のデメリットはありますが、結果的に、楽天モバイルに乗り換えたことで月々の携帯料金が安くなったので、大変満足しています!

無駄にお金を払う必要がなくなったので、浮いたお金を貯金に回すことができています。

今までは「毎月の携帯料金は1万円程度するのが一般的。」だと思いこんでしまい、完全に感覚がマヒってました。

毎月の携帯料金の高さに不満を持っている方は、早いとこ格安SIM・格安スマホに乗り換えたほうが得ですよ~!



《楽天モバイル公式サイト》

ABOUT ME
ともちゃん
沖縄で生活している平成生まれの社畜女子。 主に実体験を元に記事を書いている雑記ブロガーです。