【携帯料金の節約】NTTドコモから楽天モバイルに乗り換えてみた感想!その③

【節約術】

 

こんばんは。

お金様に好かれたい、ともちゃんです。

 

これまでに、楽天モバイルのメリットと、デメリットについて書いてみました。

 

 

【メリット編】

ともちゃんブログ.com
ともちゃんブログ.com
https://tomochanblog.com/2018/08/06/post-353/
沖縄在住の人妻が、実体験を元にいろんなジャンルの記事を書いてる雑記ブログです。

 

 

【デメリット編】

ともちゃんブログ.com
ともちゃんブログ.com
https://tomochanblog.com/2018/08/07/post-387/
沖縄在住の人妻が、実体験を元にいろんなジャンルの記事を書いてる雑記ブログです。

 

 

今回の記事では、メリット&デメリット以外の、その他の特徴について書いていきたいと思います。

 

 

クレジットカード払いができる。

 

 

 

人によっては、クレジットカードを持たない主義だったり、口座振替の方が好みだという方もいらっしゃると思うので、その他の特徴として書くことにします。

 

 

楽天モバイルも、月々の支払い方法をクレジットカード払いにすることができます。

 

 

そして、クレジットカード払いなら、支払い手数料が無料!

 

 

もちろん口座振替での支払いもできるんですが、口座振替だと月々100円の支払い手数料が発生します。

 

 

楽天モバイルは、月々の携帯料金を安く抑えながらクレジットカードのポイントを貯めることができるという、一石二鳥なシステムなので、私は大変気に入っています。

 

 

過去にNTTドコモを利用していたころも月々の支払い方法をクレジットカード払いにしていたのですが、ドコモだと月々の携帯料金が高かったので、楽天モバイルに乗り換えて良かったと思っています。

 

 

【注意!】組合せプランの「050データSIM(SNS)」は、緊急電話番号(110や119)に電話できない!

 

「050データSIM(SNS)」は、110番や119番などの緊急電話番号に電話することができません。

 

自分の目の前で誰かが倒れたり大怪我をしたとき、救急車を呼ぶ為には119番に電話をかける必要があります。

 

 

自分が119番に電話が出来なかったことが原因で、病院に搬送することが遅れてしまい、最悪な結末を迎えたとき、罪悪感でいっぱいになるはずです。

 

なので、「050データSIM(SNS)」ではなく、「通話SIM」の方がオススメです!

私が契約している組合せプランの「通話SIM」なら、緊急電話番号(110や119)にも電話をすることができます。

 

 

 

楽天モバイルを契約しようと検討されている方がいたら、「通話SIM」の方を契約することを強くお奨めしたいです。

 

 

一応「050データSIM(SNS)」は、どういった特徴があるのか調べてみました。

 

①「通話SIM」よりも安い。

 

「050データSIM(SNS)」の方が若干安めです。

 

しかしこのプランは、「安い代わりに緊急電話番号に電話ができない」という代償があることを理解した上で契約する必要があります。

 

 

スマホを2台所有すること前提で、1台目のスマホが緊急電話が使えるようなら、2台目のスマホは「050データSIM(SNS)」を契約して節約するって感じなら問題ないですね。

 

②「Viber(バイバー)」というアプリを使えば通話ができる。

 

 

楽天が提供している無料のアプリの「Vibar(バイバー)」というアプリをインストールしたら、通話機能が利用できるみたいです。

 

 

電話回線ではなく、インターネット回線を利用して通話が利用できるようなので、LINEの通話機能と似てますね。

 

さらに、Vibar(バイバー)を利用してない相手にも電話をかけることができるシステムなので、固定電話番号や、Vibarをインストールしてない携帯電話番号にも電話することができます。

 

 

それから、Vibar(バイバー)は、LINEのトークのような機能が使えるみたいです。

 

 

 

まとめ:オススメは、通話SIMプランとクレジットカード払い。

 

月々の携帯料金を安く抑えつつ、万が一の時の為に、緊急電話番号を使えるようにしてたほうがイイと思います。

 

 

あと、お得感を味わう為に、支払い方法をクレジットカード払いにして、月々ポイントをGETします。「塵も積もれば山となる」です。

 

 

楽天モバイルについての感想や意見は、今回の記事で終わりになります。

 

読んでくれてありがとうございました。

 

また何か楽天モバイルのことで思うことがあったら、いつか記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました