【妊娠記録】

【妊娠中期】糖負荷検査を受けた感想。

妊娠中期 糖負荷検査

妊娠7ヶ月(24週2日)の妊婦健診は糖負荷検査でした!

糖負荷検査は、妊娠糖尿病になってしまってないか確認する大事な検査。

妊娠糖尿病になってしまうと、母体にも赤ちゃんにも負担があります。

母体側の負担

  • 羊水過多
  • 早産
  • 脱水
  • 意識障害
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

など。

赤ちゃん側の負担

  • 巨大児
  • 発育遅延
  • 低カルシウム血症
  • 新生児低血糖
  • 子宮内胎児死亡

など。

 

妊婦糖尿病になってることがわかったら、お医者さんの指導のもと、インスリン注射や食事療法で血糖のコントロールをすることになります。

 

糖負荷検査当日の注意点。

前回の妊婦健診の帰り際、糖負荷検査当日の注意点について説明がありました。

①糖負荷検査を受ける当日の食事は、朝の10時までに済ませること。

②13:00~13:30までには来院する。

私が通っている産院では、注意点はこの2つだけでした。

 

糖負荷検査の飲み物(ブドウ糖)

糖負荷検査

血糖値を調べるために飲まされる液体をちゃんと飲むことができるか心配でした。

糖負荷検査を受ける前にネットで体験談を調べてみたら、「まずかった!」って言ってる人が多かったから。

しかも、瓶の中身を全部飲まないといけないという試練。

糖負荷検査

おそるおそる、チビッと飲んでみたところ…

糖負荷検査

甘くて炭酸のシュワシュワ感、まさに三ツ矢サイダーのような味!

ツワリで水がまともに飲めない時期に三ツ矢サイダーを飲んでいたこともあって、私は普通に美味しく飲むことができました!

 

ブドウ糖を瓶まるまる1本飲み干したあとに、先生に「1時間後に採血するから、その間にエコー検査と子宮頸管のチェックをしましょう。」と言われました。

 

エコー検査と子宮頸管チェック。

エコー検査

24週のエコー検査。

頭の大きさ、大腿骨の長さ、心拍など問題なし!

赤ちゃんのお股に、女の子の特徴の木の葉マークが見えました。

私はわからなかったけど、赤ちゃんがあくびした瞬間があったそうで、先生が「あ!赤ちゃんが今あくびした!」と教えてくれた。

 

エコー検査が終わったあとは、切迫早産になりかけてないかチェックする為の内診がありました。

子宮頸管4センチで問題無しでした!

 

採血。

糖負荷検査

ブドウ糖の液体を飲んでから1時間後に採血。

お昼ご飯食べてないから、ちょっとだけ気分が悪くなってました。

「血液検査の結果は30分後に出るから、それまで待合室でお待ち下さい~」と説明されたので、言われた通り待機。

ここの30分間はとくにやることは無くただ待つだけだから暇でした。

 

血液検査の結果。

糖負荷検査

血液検査の結果、血糖値に問題は見られなかったけど、血液中の鉄分が少ないことがわかったそうで、貧血だと診断されました。

妊婦さんが貧血になるとお腹の赤ちゃんの成長に影響が出るから、内服薬で鉄分を補いましょうと言われました。

立ちくらみとか、めまいとか、貧血特有の症状は全くなかったので驚きました。

 

貧血改善の為に処方された薬。

妊娠 貧血 薬

処方された内服薬は2種類。

フェルムカプセル

鉄剤。1日1回、寝る前に1錠。

シナール配合錠

鉄の吸収を良くする。1日3回、朝・昼・晩1錠ずつ。

 

赤ちゃんに十分な栄養と酸素を届けるために、貧血改善しなきゃ!

 

終わりに。

13:30ごろに産院に着いて、産院をあとにしたのが15:30ごろでした。

・ブドウ糖を飲み終わったあと、1時間以上空けてから採血

・血液検査の結果が出るまで30分以上はかかる

という点から、糖負荷検査を受ける日は病院にいる時間が長くなるから、時間に余裕があるときに行くべきだと思いました。

産院をあとにするころには空腹で少し気分が悪くなってたので、何か小腹を満たす食べ物をカバンに入れとけば良かったかな。

 

以上、糖負荷検査を受けた感想でした!

ABOUT ME
ともちゃん
沖縄で生活している平成生まれの社畜女子。 主に実体験を元に記事を書いている雑記ブロガーです。
関連記事