家電

アイリスオーヤマPCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの違いを比較!違いは3つだけ!

アイリスオーヤマPCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの違いを比較!

アイリスオーヤマのサーキュレーターアイPCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの違いをまとめました!

PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tを比較してみたところ、違いは以下の3つでした。

  • KCF-SDC151Tは入タイマーが付いている
  • サーキュレーターアイ本体の色
  • 販売価格
  • 運転を開始する時間を設定する機能は必要としていない
  • 本体の価格が安いほうが良い

という方は、PCF-SDC15Tがおすすめです(^^)/

  • 運転を開始する時間を設定したい
  • エアコンの電源が切れるタイミングで、サーキュレーターの電源をオンにしたい

という方は、KCF-SDC151Tがおすすめですよ(*^^*)

この記事では、アイリスオーヤマのサーキュレーターアイPCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの違いを1つ1つ解説しています。

PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tどちらを購入すべきか迷っている方の参考になれたら嬉しいです(^-^)

▼PCF-SDC15Tは入りタイマー無し。すっきりとした本体カラーです^^

▼KCF-SDC151Tは入りタイマー付き!エアコンの電源が切れる頃にサーキュレーターの電源が入るように設定すると、冷えすぎ防止&快適に就寝することができますよ(*^^*)

※KCF-SDC151Tは、Amazonでは販売されておりません。(追記日:2023年1月15日)

アイリスオーヤマPCF-SDC15TとKCF-SDC151T違いを比較

PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tを比較してみたところ、違いは以下の3つでした。

  • KCF-SDC151Tは入タイマーが付いている
  • サーキュレーターアイ本体の色
  • 販売価格

それぞれ解説しますね^^

KCF-SDC151Tは入タイマーが付いている

KCF-SDC151Tは入タイマーのボタンが付いているので、運転を開始する時間を設定することができます。

入タイマーは、就寝時間にエアコンからサーキュレーターに切り替えたいときに役立ちますよ。

就寝時の体温は、日中の体温よりも低くなるので、エアコンの風をつけっぱなしで寝ると寒く感じやすくなります。

そのため、エアコンの切タイマーを使って、寝ている間にエアコンの電源が切れるように設定し、エアコンの電源が切れる頃にサーキュレーターの電源が入るように設定すれば、体が冷えてすぎるのを防ぐことができます(^-^)

  1. 寝ている間にエアコンの電源が切れるように設定
  2. エアコンの電源が切れる頃にサーキュレーターの電源が入るように設定

このように設定することで、夜中に寒さで目が覚めてしまうことを防ぎ、快適に就寝することができますよ(^^)/

対して、PCF-SDC15Tは入りタイマーが付いていません。

入りタイマーが付いていない分、PCF-SDC15Tのほうが安く販売されています^^

▼PCF-SDC15Tは入りタイマー無し。

▼KCF-SDC151Tは入りタイマー付き!

※KCF-SDC151Tは、Amazonでは販売されておりません。(追記日:2023年1月15日)

サーキュレーターアイ本体の色

PCF-SDC15Tのカラーは、本体がホワイトで、羽と前面カバーがグレーです。

全体的に統一感があり、すっきりとした本体カラーですね(*^^*)

対して、KCF-SDC151Tのカラーは、本体がホワイトで、羽と前面カバーがブラックです。

白と黒のコントラストがはっきりしていて、おしゃれなデザインですね(^-^)

販売価格

楽天市場にて、PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの最安値を調べてみたところ、入タイマーが無いPCF-SDC15Tのほうが安く販売されていました。

>>楽天市場PCF-SDC15Tの最安値はこちら

>>楽天市場KCF-SDC151Tの最安値はこちら

2023年1月時点の情報です。現在の正確な価格は各ショッピングサイトで確認してみてくださいね。

入タイマーを必要としていない方は、価格が安いPCF-SDC15Tがおすすめです(^^)/

就寝時にエアコンからサーキュレーターに切り替えて、冷えすぎてしまうのを防ぎたい方は、入りタイマー付きのKCF-SDC151Tがおすすめですよ(^-^)

PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの比較表

PCF-SDC15T KCF-SDC151T
入タイマー
切タイマー
首振り機能
本体サイズ(高さ×幅×奥行) 210×210×290mm 210×210×290mm
電源コード長さ 1.8m 1.8m
本体重量 約1.3kg 約1.3kg
羽根サイズ 15cm 15cm
消費電力 25W 25W
送風モード 連続(10段階)、リズム(3段階)、衣類乾燥モード 連続(10段階)、リズム(3段階)、衣類乾燥モード
付属品 リモコン、ACアダプタ リモコン、ACアダプタ

比較表を見ると、PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tの違いは入タイマーが付いているかor付いていないかの違いのみで、機能面はほぼ同じであることが分かりますね(^-^)

▼PCF-SDC15Tは入りタイマー無し。すっきりとした本体カラーです^^

▼KCF-SDC151Tは入りタイマー付き!エアコンの電源が切れる頃にサーキュレーターの電源が入るように設定すると、冷えすぎ防止&快適に就寝することができますよ(*^^*)

※KCF-SDC151Tは、Amazonでは販売されておりません。(追記日:2023年1月15日)

アイリスオーヤマPCF-SDC15TとKCF-SDC151T違いを比較まとめ

以上、アイリスオーヤマPCF-SDC15TとKCF-SDC151T違いについての解説でした!

PCF-SDC15TとKCF-SDC151Tを比較してみたところ、違いは以下の3つでした。

  • KCF-SDC151Tは入タイマーが付いている
  • サーキュレーターアイ本体の色
  • 販売価格
  • 運転を開始する時間を設定する機能は必要としていない
  • 本体の価格が安いほうが良い

という方は、PCF-SDC15Tがおすすめです(^^)/

  • 運転を開始する時間を設定したい
  • エアコンの電源が切れるタイミングで、サーキュレーターの電源をオンにしたい

という方は、KCF-SDC151Tがおすすめですよ(*^^*)

※KCF-SDC151Tは、Amazonでは販売されておりません。(追記日:2023年1月15日)

関連記事