保温調理器

【シャトルシェフ】KBFシリーズとKBGシリーズの違いを比較|それぞれのメリットと注意点を解説

【シャトルシェフ】KBFシリーズとKBGシリーズの違いを比較|それぞれのメリットと注意点を解説

サーモスのシャトルシェフKBFシリーズと、KBGシリーズの違いをまとめました。

それぞれのメリットと注意点も解説します!

今回ご紹介する内容
  • シャトルシェフKBFシリーズとKBGシリーズの違い
  • どちらが売れているのか

シャトルシェフKBFシリーズとKBGシリーズの違い

おおまかな違いは以下の8つです!

  1. サイズ
  2. 重さ
  3. 調理鍋フタの材質
  4. 保温容器フタ
  5. 保温容器の取っ手の有無
  6. カラーバリエーション
  7. クッキングブック付属の有無
  8. メーカー希望小売価格

サイズと重さの違い

KBFシリーズはサイズが若干小さめで、コンパクトな作りになっています。

重量が軽いのもKBFシリーズです。

3~5人用(KBF-3000、KBG-3000)

KBF-3000 KBG-3000
調理鍋容量 2.8L 3.0L
30cm 31cm
奥行 24cm 26.5cm
高さ 17.5cm 19cm
重量
約2.3kg 約2.7kg

4~6人用(KBF-4500、KBG-4500)

KBF-4500 KBG-4500
調理鍋容量 4.3L 4.5L
30cm 31cm
奥行 24cm 26.5cm
高さ 22cm 24cm
重量
約2.5kg 約3.1kg

調理鍋フタの材質

KBFシリーズの調理鍋のフタはステンレス製、KGBシリーズのフタはガラス製です。

保温調理中にフタを開けると鍋の温度が下がり、具材に熱が通りにくくなってしまいます。

KBFシリーズの調理鍋のフタはステンレス製のため、保温調理中は料理の状態を確認することができません。

反対に、KGBシリーズの調理鍋のフタはガラス製なのでフタを開けなくても上から料理の状態を見ることができます!

保温調理中は、保温容器のフタも閉じたままにしておくことが推奨されています。

何度もフタを開けると鍋の温度が下がり、保温調理がうまくできずに失敗してしまう可能性があるため、フタの開けすぎには注意です。

保温容器フタ

KBFシリーズの保温容器のフタは取り外し式のため、開けっぱなしにする際はフタの置き場所が必要です。

反対に、KGBシリーズの保温容器のフタはヒンジ式で保温容器本体と繋がっています。

また、保温容器のフタの内側に調理鍋のフタを置くことができるので、KGBシリーズはフタの置き場所に困らないというメリットがあります。

保温容器の取っ手の有無

KBFシリーズの保温容器には取っ手が付いていません。(調理鍋には付いています)

KBGシリーズの保温容器には取っ手が付いているため、持ち運びしやすいというメリットがあります。

クッキングブック付属の有無

KBFシリーズはクッキングブック付属なし、KBGシリーズはクッキングブックが付属されています。

ただ、シャトルシェフのレシピはサーモス公式サイトで見ることができるので、付属されていなくてもあまり困らないと思います。

⇒シャトルシェフのレシピを見てみる(サーモス公式サイトに移動します)

価格の違い

KBGシリーズに比べると、KBFシリーズは価格が抑えめです。

  • コンパクトな作り。
  • 保温容器に取っ手が付いてない。
  • 保温容器のフタが取り外し式。

▲このような特徴が、価格抑えめである理由だと考えられます。

KBFシリーズとKBGシリーズ比較表

2人用(KBF-1600)

2人用のサイズは、KBFシリーズのみです。
KBF-1600
調理鍋容量 1.6L
調理鍋最大内径 16cm
25.5cm
奥行 20cm
高さ 15.5cm
重量 約1.5Kg
調理鍋フタの材質 ステンレス製
保温容器フタ 取り外し式
メーカー希望小売価格(税抜) 12,000円

3~5人用(KBF-3000、KBG-3000)

KBF-3000 KBG-3000
調理鍋容量 2.8L 3.0L
調理鍋最大内径 20cm 20cm
30cm 31cm
奥行 24cm 26.5cm
高さ 17.5cm 19cm
重量
約2.3kg 約2.7kg
調理鍋フタの材質 ステンレス製 ガラス製
保温容器フタ 取り外し式 ヒンジ式
メーカー希望小売価格(税抜) 15,000円 20,000円

4~6人用(KBF-4500、KBG-4500)

KBF-4500 KBG-4500
調理鍋容量 4.3L 4.5L
調理鍋最大内径 20cm 20cm
30cm 31cm
奥行 24cm 26.5cm
高さ 22cm 24cm
重量
約2.5kg 約3.1kg
調理鍋フタの材質 ステンレス製 ガラス製
保温容器フタ 取り外し式 ヒンジ式
メーカー希望小売価格(税抜) 18,000円 25,000円

シャトルシェフKBFシリーズのメリットと注意点

  • KBF-1600
  • KBF-3000
  • KBF-4500

KBFシリーズのメリット

  • KGBシリーズよりも重量が軽い
  • デザインが可愛らしい
  • KGBシリーズよりも価格が抑えめ

KBFシリーズの注意点

  • 調理鍋のフタがステンレス製(保温調理中は料理の様子が見れない)
  • 保温容器のフタが取り外し式。
  • 保温容器に取っ手が無い。
  • クッキングブックの付属なし。

KBFシリーズは機能が簡易的になっている代わりに、本体の価格が抑えめです。

可愛らしいデザインも魅力の1つです。

シャトルシェフKBGシリーズのメリットと注意点

  • KBG-3000
  • KBG-4500

KBGシリーズのメリット

  • 調理鍋のフタがガラス製(フタを開けなくても料理の状態が見れる)
  • 保温容器フタの内側に調理鍋のフタが置ける。
  • 保温容器のフタがヒンジ式(保温容器本体と繋がっているから、フタの置き場所に困らない。)
  • 保温容器にも取っ手が付いている。
  • クッキングブック付属あり。
  • 高級感があるデザイン。

KBGシリーズの注意点

  • KBFシリーズよりも重量がある。
  • KBFシリーズと比べると価格が高い。

本体価格がそれなりにするものの、『フタの置き場所に困らない』『保温容器にも取っ手が付いているので運びやすい』など、メリットが多くて使い勝手が良いのがKGBシリーズです。

サーモスのシャトルシェフKBF-3000とKBG-3000売れてるのはどっち?

Amazonの保温調理鍋の売れ筋ランキングをチェックしてみました。

2022年9月時点の情報になります。現在の保温調理鍋ランキングはこちら
売れ筋1位~10位
1位  PRISMATE(プリズメイト) サラダチキンメーカー  PR-SK023
2位 サーモス シャトルシェフ 2.8L (3~5人用)  KBJ-3001
3位 サーモス シャトルシェフ 4.5L (4~6人用)  KBG-4500
4位 サーモス シャトルシェフ 3.0L ハンドルタイプ RPE-3000
5位 サーモス シャトルシェフ 3.0L (3~5人用) KBG-3000
6位 サーモス 保温燻製器 イージースモーカー RPD-13
7位 象印 スープジャー TH-CU080-XA
8位 サーモス シャトルシェフ 4.3L (4~6人用) KBJ-4500
9位 スープジャー 5L 業務用 KIPROSTAR(キプロスター) PRO-BSW5
10位 アイリスオーヤマ 保温調理鍋 2.7L RWP-N27

⇒11位以降はこちら

KBG-4500が3位に、KBG-3000が5位にランクインしていました!

  • 調理鍋のフタがガラス製だから、フタを閉じていても料理の状態がわかる。
  • ヒンジ式だからフタの置き場所に困らない。
  • 保温容器にも取っ手が付いているから運びやすい。

など、メリットが多くて使い勝手が良いKBGシリーズが人気のようです。

ちなみに、KBF-1600は21位KBF-3000は38位KBF-4500は42位でした。

ランキングの順位は2022年9月時点の情報です。

▼現在の保温調理鍋の売れ筋ランキングが気になる方はこちらからどうぞ!

⇒現在のAmazon保温調理鍋の売れ筋ランキングを見てみる!

シャトルシェフKBFシリーズとKBGシリーズの違い|まとめ

機能が簡易的になった代わりに本体の価格が抑えめなのがKBFシリーズ、価格がそれなりにするもののメリットが多くて使い勝手の良いのがKBGシリーズです。

シャトルシェフは加熱時間が短くて済むから光熱費を節約することができるし、保温調理中は火加減を気にする必要がありません。

ほったらかし調理ができるから、その間に別のことができるのも大きなメリットですね。

シャトルシェフの詳細は、各ショッピングサイトをチェックしてみて下さいね!

サーモス(Thermos)のシャトルシェフKBG-4500とKBC-4501の違いを比較|売れてるのはどっち?のコピー
サーモスのシャトルシェフKBG-4500とKBC-4501の違いを比較|売れてるのはどっち?サーモスのシャトルシェフKBG-4500とKBC-4501の違いをまとめました。 KBG-4500とKBC-4501は型番名も見た...
サーモス(Thermos)のシャトルシェフKBJ-4500とKBG-4500の違いを比較
サーモスのシャトルシェフKBJ-4500とKBG-4500の違いを比較サーモスのシャトルシェフKBJ-3000とKBG-4500の違いをまとめました。 シャトルシェフKBJ-4500と...